事業承継の計画はお早めに

事業承継の計画はお早めに

事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことをいいます。

 

ご子息に継がせることをご希望される経営者の方は、以前に比べると割合が低下しています。

 

20年以上前には9割を占めていた親族内承継は6割を切り、従業員等やM&Aでの親族外承継が急速に増加しているといわれております。

 

ご子息に継がせて能力的な問題だったり、経済・社会の環境の変化によって経営が厳しくなった場合に経営責任が問われるような事態になった場合には「継がす不幸」になってしまうということを意識する経営者の方が増えていることも背景の一つです。

 

ただし、一般的に事業承継の検討をする場合には親族承継、社員等による承継から検討され、M&Aによる承継は想定さえされていないケースも実際は多いと思われます。

 

そして子供が引き継いでくれることを願って「ご子息がいつかは継いでくれる」ものと思い込んでしまう一方、ご子息はそう考えていないということもよくあります。

 

業承継には時間がかかります。

 

経営者教育(人的承継)には時間がかかります。経営権確保のための株式移転(物的承継)でも、タイミング・対策次第で税金が大きく変わります。

 

M&Aの相手はすぐに見つかるとは限りません。

 

また、より良い相手に良い条件で引き継ぐ上では時間的余裕がある方が有利です。「誰に」「どのような方法で」「いつ」事業承継していくのかについての計画を立案し、実行してください。

 

運よくお相手が見つかり、社長様にご安心いただくことができましたが、もっと確実に事業承継を成功させるためには早くからの事業承継の準備をお勧めしています。