事業承継を進めるポイント

事業承継を進めるポイント

事業承継には主に3つの方法があります。「親族に承継する」経営者の子息・子女など、親族に会社を継がせるというのは、日本の中小企業においては最も多い承継のパターンです。

 

しかし、親族への承継がうまくいかないという声が多いのも現状です。右肩上がりの経済成長が見込めないこと、少子化など社会的な構造における原因もさることながら、親族が継ぎたがらないという現実も少なからず存在します。事業承継は“継がせる側”と“継ぐ側”の意思疎通が大変重要となります。

 

また、経営者(継がせる側)、後継者(継ぐ側)それぞれに事業承継成功のために取り組まなければならないことがあります。その双方に対して施策を打ち、融合させていくことで、事業承継を成功に導きます。「従業員などに承継する」親族外への承継の代表的なものは、「従業員からの抜擢人事」と、「社外の有能な人物の招聘」の2つが挙げられます。

 

事業存続に有益な承継を第一に考え、数名の後継者候補を選定・教育し、最終的には皆の協力と賛同を得られることが、円滑な承継を行う上での大変重要なポイントといえます。

 

「M&Aを行う」M&A(エムアンドエー)とは"Mergers(合併)and Acquisitions(買収)"の頭文字をとったものです。昨今、事業承継の手段として年々増加しています。その背景には、身近に承継に適正な者がいない、親族に事業承継したくても親族が嫌がるといったケースなど、 事業承継をする相手がいないといった背景があります。