事業承継に大切な事とは

事業承継に大切な事とは

事業承継は、経営者の最後の大事業と言われています。
どんな企業にとっても、必ずやってくる重要な問題です。
早い段階から十分な準備を行っておくことが、事業承継を成功させるために必要不可欠です。
事業承継には、大きく分けて3つの方法があります。

 

まず一つ目は、親族に承継することです。
経営者の子供に事業を継がせるのは、日本の中小企業においては、最も多いパターンです。
この場合、継がせる側と継ぐ側の意思疎通が、大変重要になります。

 

2つ目は、従業員に承継することです。
親族間の承継の代表的なものは、従業員からの抜擢人事と、社外の有能な人物の招聘です。
事業存続に有益な承継を第一に考え、数名の後継者候補を選定・教育します。
そして最終的には皆の協力を賛同を得られることが、円滑な承継を行う上での大変重要なポイントです。

 

3つ目は、M&Aを行うことです。
M&Aとは、合併と買収のことです。
昨今、事業承継の手段として、年々増加しています。
その背景には、身近に承継に適切なものがいなかったり、承継したくとも親族が嫌がるなどといった、事業承継する相手がいないという要因があります。

 

事業承継の大まかな流れを説明すると、以下の通りになります。
まず後継者を育成します。
経営者として求められる能力の向上を、教育します。
次に、後継者を支える人材を育成します。
そして後継者が経営しやすいように、組織を改革します。
さらに退職金対策など、将来を見据えた保険の見直しを行います。
また相続税・自社株式相続など、相続対策を行います。
最後に、後継者を支える人材を採用します。

 

事業承継の流れを把握し、早めの対策が重要です。