事業承継の方法について

事業承継の方法について

事業承継とは、文字通り、会社の経営を後継者に引き継ぐことです。そして、事業承継には、親族に承継する、従業員などに承継する、M&Aで承継するという、3つのパターンに大別されます。ちなみに、M&Aとは会社を譲渡するということです。子供や従業員への承継を、検討される方が多いのが現状なのですが、最近ではさまざまな問題から困難になるケースが増加しており、M&Aによる会社譲渡での承継を選択される経営者の方も増加傾向にあります。

 

子供への事業承継が困難な理由については、子供が専門職に就いている、自社よりも大手企業で働いている、能力的に継がせられない、先行き不安業種で継がせたくないなどの理由が挙げられます。従業員への承継が困難な理由は、会社株式を譲り受ける資金を用意できない、金融機関に借入れの個人保証を入れられない、優秀な人材でも経営トップとしては不安などといった理由が挙げられます。

 

M&Aで会社を譲渡すると、経営権は買い手企業に移るのですが、従業員はそのまま全員引き継がれ、処遇も当面の間はそのままというケースが一般的です。譲渡企業の代表取締役は退任し、買い手企業から新たな代表取締役や役員が派遣されるケースが多くなります。退任される代表取締役は、スムーズに会社が引き継がれるために、代表権のない会長や相談役、顧問といったポジションで、当面の間とどまり、引き継ぎが完了した時点で退職するパターンは多いのが現状です。